バレエを極めるなら海外?

やはりバレエを極めるなら海外?

やはりバレエを極めるなら海外? バレエを極めたいと考えている方は海外へ留学することも視野に入ってくることでしょう。
確かに、バレエの土壌はフランスやロシアなどは歴史も深く世界各国からプロを目指す学生が集まってくる著名なバレエスクールが多くありますので、いつかはあのスクールで世界各国の学生たちと切磋琢磨してみたいと希望される方もいらっしゃることでしょう。
しかし、著名なスクールであればあるほど、門戸は狭く、国内でのコンクールはもちろんのこと、海外でのコンクールでの受賞経験がないと入学することすら難しいスクールが少なくありません。
しかし、日本での環境よりも海外での環境を選ぶ程自分のダンス技術に自信を持っていらっしゃる方なら挑戦をすべきでしょう。
特に若い間の方がダンス技術の習得も、語学力の習得も早いものです。
自分の持っている能力を最大限に生かしたいと希望される方は、バレエ留学という目標に向けて、効率的に時間を使うようにしましょう。

日本でバレエをするにあたり踏まえたいこと

日本でバレエをするにあたり踏まえたいこと 日本ほどバレエ教室が乱立している国はありません。その理由はバレエは子供の習い事として人気がある反面職業として成り立たないという部分があります。
プロになれたとしてもそれだけで食べていける人はごく少数で、ほとんどのダンサーは教室で教えたりバイトをしながら生活をしています。
さらには教師として働く際に免許などがいらないため、誰でもバレエ教師になれるという現実もあります。
数ある教室の中から、どこへ行けばいいかは度々初心者を悩ませる問題ですが、ここで間違ってしまうとレベルアップは見込めません。
日本のバレエの特徴は発表会が毎年のようにあることで、場合によっては月謝以外に数十万円の費用が必要な場合があります。
気軽に参加できる額ではないので、始める場合はよく考えてから入会するようにしましょう。
趣味で始めたつもりでも、気がつたら毎日のようにレッスンしていたということもあります。
後悔のないように教室選びは慎重におこないましょう。